【2021年最新】サントリーニ島のおすすめ宿泊エリアまとめ

ギリシャ
スポンサーリンク

ギリシャという国を思い浮かべた時に真っ先にイメージする、どこまでも続く青と白の世界。それがまさにサントリーニ島であり、そのロマンチックな風景からハネムーンにも絶大な人気を誇ります。
そんな世界でも指折りの観光地であるサントリーニは、宿泊エリアもホテルタイプも実に多種多様。
そこでこの記事ではサントリーニ島でおすすめの宿泊エリアを、旅行者の目的やタイプ別に解説していきます。

人気宿泊エリアは大きく分けてカルデラ側とビーチ側の2つ

サントリーニがネッシーの胎児の形をした島だというのは誰しもが知っていることですが(←)、人気宿泊エリアは大きく分けて2つです。


西側(ネッシーのおなか側)のカルデラエリアと、東側(背中側)のビーチエリア


それぞれのエリアは異なる特徴や魅力があるので、これからそれを具体的に紹介します。


また最近は観光客が激増していることもあり、これまでの定番エリアに加え新たな宿泊エリアも注目されているので、そちらも合わせて紹介します。

サントリーニの王道!カルデラ側の宿泊エリア

まずはサントリーニの王道の景色が楽しめる西側の代表的な宿泊エリアを、北→南に順に見ていきましょう。
高級ホテルになると一般庶民の家賃のような宿泊料金が飛び交いますが、基本的に南に行くにつれて料金相場は安くなります

①イア(Oia)

世界一とも言われる夕日スポットがある、サントリーニで一番人気のエリア。
ハネムーンにぴったりのロマンチックでラグジュアリーなホテルが目白押し。そしてめちゃめちゃ高い。


特に夏はクルーズ船の乗客が毎日数千人このイアの夕日を求めてくるので、道が朝8時の山手線状態になることも。
それをホテルから文字通り上から目線で眺めるのは優越感の極みですが、静けさを期待する人は場所をよくチェックしましょう。


もっとも夕日が沈むと引き潮のように人も去るので、夜は再び落ち着いた雰囲気になります。

イアをおすすめできる人

  • とにかく最高の場所に泊まりたい、一生の思い出を作りたい
  • 自慢したい、インスタでいいねをもらいまくりたい
  • 夜遊びはせずホテルでのんびりしたい

②イメロヴィグリ(Imerovigli)

人気も知名度もNo.1のイアから海岸沿いに南に約8km行った所にあるのが、イメロヴィグリ。


こちらも目の前にエーゲ海が広がる絶景ですが、イアのように観光客の大群が押し寄せることはないのでより静かな雰囲気。


イアと同様におしゃれでゴージャスなホテルが多く、イアよりは価格も低め(それでも高い)


飲食店は少なくバーやクラブなどもないため、静寂さを重視する人には最適です。

イメロヴィグリをおすすめできる人

  • ハネムーンや記念日をロマンチックに過ごしたい
  • 観光よりホテルでの滞在を楽しみたい

③フィラ(Fira)

フィラ(またはティラ)はサントリーニの中心で、宿泊施設、飲食店、ショッピング、ナイトライフの全てが充実しています。


地理的にちょうど島の中心辺りというのに加え、各地へのバスも発着しているのでレンタカーではなくバスで周りたい人には最も便利。


カップル向きのおしゃれなホテルからファミリー向けのアパートメントまで、様々なタイプの宿があります。


あらゆる店が閉まりがちな閑散期の冬でも、飲食や遊べるスポットが多いのもポイントです。
ただしその便利な反面、夏は一日中賑やかで騒々しいことが多いのは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

フィラをおすすめできる人

  • 宿の近くで飲食やナイトライフを楽しみたい
  • 観光するのにアクセスが便利な場所がいい
  • オフシーズン(11月〜4月頃)に旅行する

④アクロティリ(Akrotiri)

ここまで挙げた3ヶ所がサントリーニの王道中の王道であるのに対し、アクロティリは最近人気急上昇中の注目エリア。


ネッシーのすね辺りに位置し、一見最果ての地のように見えますがそれでもフィラからバスや車で20〜30分程度。


新しくできたセンスの良い宿泊施設も多く、カルデラ側の水準ではかなりリーズナブルな方。


開発が進んでいるとは言え、周辺は数々のビーチを始め自然豊かでのどかな雰囲気が色濃く残っています。

アクロティリをおすすめできる人

  • なるべくリーズナブルにサントリーニらしい景色を満喫したい
  • ショッピングやナイトライフは特に求めていない
  • 徒歩圏内にビーチがないと嫌

のんびりした雰囲気のビーチ側の宿泊エリア

カルデラ側がハネムーンやカップルに圧倒的な支持を得るのに対し、ビーチ側はファミリー層に特に人気があります。
もちろんビーチ側にもあらゆるタイプの宿泊施設があるので、一人旅からグループまであらゆる旅行者に合う宿が見つけられますよ(^^)

⑤カマリ(Kamari)

カマリはビーチ側では一番人気のエリアで、宿泊施設の数もとても充実しています。


キッズ歓迎の宿や飲食店も多く、家族でくつろいだ休暇を過ごすのに理想的。

キッチン付きのアパートメントならよりローカル気分で滞在できます。


フィラへもバスで15分ほどなので、数日滞在すればビーチも観光ももれなく満喫できるでしょう。

カマリをおすすめできる人

  • ファミリーでのんびりしたい
  • ビーチも観光もバランス良く楽しみたい

⑥ペリッサ(Perissa)

フィラからバスや車で約20分、カマリの南に位置するペリッサは火山島であるサントリーニらしい、黒っぽい砂浜のビーチを中心に多くの宿泊施設が整っています。


カマリと同様ファミリーで過ごしやすいホテルや飲食店が多い一方、若者向けのバーなどもあるためカップルにもおすすめ。


通常有名観光地ではビーチ沿いのホテルや物価は高いものですが、サントリーニの場合カルデラ側の方がビーチ側より物価が高いので、バックパッカーにも良いオプションと言えるでしょう。

ペリッサをおすすめできる人

  • 宿泊費はなるべく抑えたい
  • ビーチをメインで観光も楽しみたい

抜群の眺望が魅力的な注目の内陸の宿泊エリア

サントリーニの人気宿泊エリアはまずカルデラ側、そしてビーチ好きやコスパ重視の人にはビーチ側、というのがド定番。
しかし眺望は捨てがたいけどコストは気になると言う人には、カルデラ側から少し内陸に入ったネッシーの内臓エリア(←←)も素晴らしい選択肢です。

⑦カルテラドス(Karterados)

カルテラドスが素晴らしいのは、まずその立地。
サントリーニの心臓であるフィラから約2kmなので、徒歩でもアクセスできます。


またカルテラドス自体は全く観光地ではないため、フィラやイアのように観光客の大群に辟易することもありません。


快適なアパートメントやB&Bでも宿泊費の相場はフィラやイアよりかなり安いので、お得感があります。


ただし全ての宿が感涙ものの眺望という訳ではないので、予約時には写真や詳しいロケーションをよく確認しましょう。

カルテラドスをおすすめできる人

  • そこそこのコストでなるべく景色を楽しみたい
  • 徒歩やバス中心で観光したい
  • 寝る場所は静かな方がいい

⑧ピルゴス(Pyrgos)

最後におすすめのピルゴスは山にある小さな村で、どの宿からもサントリーニを一望できる圧巻の眺めが期待できます。


ピルゴスにはバックパッカー向けの安宿はないですが(そもそもサントリーニ全体に少ない)、3つ星以上の快適でセンス抜群のホテルやアパートメントが充実。


フィラからもバスで約10分のアクセスで、カルデラ側よりリーズナブルに宿泊できる見逃せないエリアです。

ピルゴスをおすすめできる人

  • 眺望の良さ重視
  • 海より山派
  • 落ち着いた場所がいい

まとめ

サントリーニの代表的な宿泊エリアを紹介しました。
どのエリアも魅力的で雰囲気も相場もかなり異なりますが、まとめるとおすすめはこのようになります。

金はあるから最高の場所に泊まらせろタイプイアイメロヴィグリ
金は大してないけど眺めがいい場所に泊まらせろタイプアクロティリピルゴス
面倒くさいから便利な場所に泊まらせろタイプフィラカルテラドス
なるべく安い場所に泊まらせろタイプペリッサカマリカルテラドス
ビーチこそ我が人生タイプペリッサカマリアクロティリ

ぜひあなたの目的や予算に合った宿泊エリアを選んで、見どころの多いサントリーニを思いっきり楽しんでくださいね!

タイトルとURLをコピーしました