【保存版】春のヨーロッパ旅行で絶対に行きたい都市12選!

ヨーロッパ
スポンサーリンク

東西南北で見どころが尽きないヨーロッパの中でも、春は特に人気の季節。
寒い冬が終わった後の開放感や咲き乱れる花、この時期ならではのイベントやグルメなど、魅力が盛りだくさん。
そこでこの記事では、欧州在住の筆者が春のヨーロッパ旅行で特におすすめの都市・エリアを厳選しました。

春のヨーロッパ旅行の魅力は?

日本でも春は満開の桜や新緑、この時期ならではのグルメなど1年の中でも特に魅力的な旅行シーズンという印象がありますが、ヨーロッパではどうなのでしょうか?

当然ヨーロッパは東西南北で広く気候もそれぞれ大きく異なるため、全ての国に全く同じタイミングでぽかぽか暖かく花が咲き乱れるような典型的な『春』が訪れるわけではありません。
日本で言えば北海道と沖縄のようなイメージでしょうか。

それでもヨーロッパでは3月下旬にサマータイムが始まると、東西南北で気候や文化の違いはあれど、『春』のスタートの合図となります。

そんな欧州の春の魅力をオランダ在住の筆者が完全なる独断でまとめると、以下のようなポイントが挙げられます:

−寒い・暗い・長い冬が終わった後ならではのポジティブな雰囲気

→これは北欧など冬の寒さが厳しい国々ほど顕著で、とにかくそれらの国では冬は太陽がほとんど姿を表さない暗黒の日々。昼が長くなり、凍てつくような寒さが徐々に和らぎ、雪や厚い雲に覆われていたモノトーンの街並みが彩りを取り戻していく春は、他の季節にはない開放感があります。

−暑すぎず寒すぎずの過ごしやすい気候

→基本的に北は冬の寒さ、南は夏の暑さが容赦ないのがヨーロッパ。特に美しい街をたくさん散策したり、食べ歩きやウィンドウショッピングを思いっきり満喫したいのであれば、マイルドな気候の春はかなりおすすめです。

−ピークシーズンと比べると混んでいない&安い

2023年12月・とにかく人・人・人のスペイン広場(イタリア・ローマ)

→特にコロナ禍が終わり観光業が復活した現在、夏休みやクリスマスシーズンに人気観光地に行こうものなら、凄まじい混雑を目の当たりにすることになるでしょう。また、インフレ&円安で全体的な旅行代金が高くなっているのに加え、ピークシーズンはさらにホテルや航空券が容赦なく高騰します。

−春ならではのイベントや自然の美しさ

→春の一大イベントは、移動祝祭日であるイースター。その他にも気候が穏やかになるにつれて音楽・スポーツ・アート・文化など、様々な大小のイベントが街を賑わせます。色とりどりの花々が咲き、鮮やかな新緑が芽吹く春は、日本と同様1年の中でも特に自然の美しさが際立つ季節でもありますよ。

・・・と、いいこと尽くしの春は割とどこに行ってもハズレがないのですが、その中でも特に魅力あふれる都市を紹介していきます!

アテネ/ギリシャ

まず最初に紹介するのは、ギリシャの首都アテネ

丘の上に立つ雄大なアクロポリスを始め、紀元前にまで遡る古代遺跡がゴロゴロと残るアテネは、約3400年の歴史を持つ世界でも指折りの古都

アテネの中心部を東へ西へ歩けば、紀元前と現代を旅するかのように古代遺跡、雑多なローカル市場、モダンなカフェやバーなどが姿を表します。

そんな見どころたっぷりのアテネですが、夏は酷暑で40℃を超えることもあり、また冬は日が短く曇りや雨の日が増えるのが特徴。

そのため天候を気にせず屋外をゆっくり歩くなら、穏やかな春はうってつけ!

遺跡散策、ショッピング、食べ歩きなどでガッツリ歩き回った後は、眺望抜群のルーフトップバーに足を運んで圧巻の夕陽や夜景を鑑賞しながら1日を締めくくりましょう。

3月の平均最高気温:16℃ 平均最低気温:9℃ 平均降水量:40㎜

4月の平均最高気温:20℃ 平均最低気温:12℃ 平均降水量:25㎜

5月の平均最高気温:25℃ 平均最低気温:16℃ 平均降水量:14㎜

※データ参照:CLIMATES TO TRAVEL、以下同様

アムステルダム/オランダ

ヨーロッパ北西部に位置するオランダは、冬が長い・暗い・寒い・地味・だるい・うざい典型的な国の一つで、その分春の訪れは国中に夢と希望と歓喜をもたらします。

大小の運河が街中を巡るアムステルダムにはあちこちに街路樹や花壇があり、春は眩いほどの新緑や色とりどりの花達が、フォトジェニックな街をさらに華麗にメイクアップ。

このアムステルダムの象徴とも言える運河を効率良く周れるのが、ボートでの運河クルーズ

子供も楽しめるファミリー向けや1時間ほどのカジュアルなタイプ、あるいはディナー付きのロマンチックなナイトクルーズなど、水上からアムステルダムを文字通り様々な角度で楽しむことができます。

さらにアムステルダムから電車やバスで1時間ほどのリッセ(Lisse)にある春限定でオープンするキューケンホフ公園も、この時期のオランダ旅行では外せないスポット。

Home
Discover Keukenhof, the most beautiful spring garden in the world! 🌸🌷🌼

1年のうちで約1ヶ月半しかオープンしないため混雑しがちの大人気スポットではありますが、敷地は広大なので、特に平日を狙えば比較的ゆったりと鑑賞できますよ。

3月の平均最高気温:10℃ 平均最低気温:3℃ 平均降水量:50㎜

4月の平均最高気温:14℃ 平均最低気温:5℃ 平均降水量:40㎜

5月の平均最高気温:18℃ 平均最低気温:9℃ 平均降水量:55㎜

シチリア島/イタリア

再びヨーロッパの南側に戻り、みんな大好きアモーレイタリアから、この記事では最南端のシチリア島をピックアップ。

イタリアは日本と同様に四季がある&南北に長い国であることから、季節ごと・地域ごとに全く異なる風景・文化・グルメが楽しめる国でもあります。

そんな中でもシチリア島は中世の面影を残す旧市街、美しいターコイズブルーのビーチ、標高3000m超のバリバリの活火山、数々の絶品料理が勢揃いする、見どころてんこ盛りの島。

『島』と言ってもその面積は四国の約1.4倍を誇る巨大っぷりなので、2週間いても3週間いても、ヒマを持て余すことは決してないでしょう。

このシチリア島も、近年の気候変動を受けてか、夏の猛暑や山火事が深刻化しているエリアの一つ。

そのため夏のピークは外すのが無難で、暑すぎず涼しすぎずの春は観光・グルメ・ショッピング・自然鑑賞をバランスよく満喫しやすい時期です。

ビーチで泳ぐにはまだ涼しすぎるものの、海沿いの雰囲気の良いトラットリアで郷土料理に舌鼓を打ったり、あるいはストリートフードやジェラートをテイクアウトして海岸や公園で食べるのもおすすめ。

パレルモ(Palermo)やカターニア(Catania)など主要都市であれば、豪華なリゾートホテルからバックパッカー向きのホステル、キッチン付きのアパートメントまで、様々なタイプ・予算の宿泊施設が充実しているのもシチリア島のメリットです。

3月の平均最高気温:17℃ 平均最低気温:10℃ 平均降水量:60㎜

4月の平均最高気温:19℃ 平均最低気温:12℃ 平均降水量:45㎜

5月の平均最高気温:23℃ 平均最低気温:16℃ 平均降水量:25㎜

※パレルモ(Palermo)のデータ

マデイラ諸島/ポルトガル

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Visit Madeira (@visitmadeira)

続いては地中海のど真ん中に居座るシチリア島から遥か西に飛んで、『大西洋の真珠』との異名を持つポルトガルのマデイラ諸島を見てみましょう。

サッカー界のスーパースター、クリスティアーノ・ロナウド選手の故郷としても知られるマデイラ島は、1年を通して寒暖の差が非常に少ない“常春の島”とも言われる欧州では珍しい気候。

“常春”ならわざわざ春に行かなくてもいいんじゃないの?と言われそうですが、それでもなんだかんだで最も春らしいのは、やっぱり春の時期。

夏の暑さは地中海側の各地のビーチリゾートより遥かにマシなものの、やはり夏のバカンスシーズンはどこも混雑し、フライトやホテル代も高騰しがち。

そして冬は冬で降水量が最も多い時期なので、屋外でのアクティビティを思いっきり楽しみたい人にはややマイナスです。

その雨が多い冬を越した後の春はとりわけ緑が美しいため、ハイキングやサイクリングにも最高に季節

市場を覗けばカラフルでエキゾチックなフルーツや野菜が並び、旅人の好奇心をくすぐります。

そしてマデイラ島の春の一大イベントが、毎年イースターの後に開催されるフラワーフェスティバル

Madeira Flower Festival - Visit Madeira | Madeira Islands Tourism Board official website
The Madeira Flower Festival occurs with the arrival of spring, when Madeira's gardens become even more colorful and exub...

華やかなパレードを始め、フンシャル(Funchal)の街が幾千幾万の花々に彩られるこの数週間は、正に大西洋に輝く真珠のような美しさです。

3月の平均最高気温:20℃ 平均最低気温:14℃ 平均降水量:65㎜

4月の平均最高気温:21℃ 平均最低気温:15℃ 平均降水量:40㎜

5月の平均最高気温:22℃ 平均最低気温:16℃ 平均降水量:20㎜

※フンシャル(Funchal)のデータ

イスタンブール/トルコ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @istanbul (@istanbul)

東洋と西洋の交差点、イスタンブールは日本と同様に四季折々の魅力がある都市。

世界一美しいモスクとも言われるブルー・モスク(スルタンアフメット・ジャーミイ)やその向かいにある壮大なアヤ・ソフィア、さらにオスマン帝国時代の栄光を知ることができるトプカプ宮殿にお土産探しに最適なグラン・バザールなどなど、天候不問で楽しめる屋内スポットは多数。

そのため暑くても寒くても大雨でも、1年を通して比較的問題なく観光ができる街ではありますが、やはり春は春ならではの良さがあります。

例えば先程紹介したオランダの象徴とも思われている花・チューリップは実はトルコ原産で、毎年春には『チューリップ・フェスティバル』も開催されています。

Istanbul Tulip Festival 2024: When, Where?
Experience the Istanbul Tulip Festival - over 30 million tulips in bloom. Celebrate the arrival of spring with millions ...

世界的な観光都市のため前述のアヤ・ソフィアなどが集まる旧市街は旅行客でごった返すことも多いですが、そこからフェリーでボスポラス海峡を渡ってアジア側に降り立つと、一気にローカル度がアップするのもイスタンブールならではの面白さ

息を呑むようなイスラム建築、春ならではの鮮やかな花々、地元民がくつろぐ無数のカフェ、迷路のように入り組むバザールに数百年の伝統を刻むハマム。

ヨーロッパのようでアジアのようでもあるイスタンブールは、刺激を求める人も癒やしを求める人もきっと大いに満足させてくれるでしょう。

3月の平均最高気温:12℃ 平均最低気温:5℃ 平均降水量:70㎜

4月の平均最高気温:17℃ 平均最低気温:8℃ 平均降水量:55㎜

5月の平均最高気温:22℃ 平均最低気温:14℃ 平均降水量:35㎜

ブレット湖/スロヴェニア

西にイタリア、南にクロアチア、北のオーストリアに東にハンガリーと、名だたる観光大国に四方を囲まれたスロヴェニアは、日本人にとってはスルーしがちなヨーロッパの国の一つではないでしょうか。

しかし裏を返せばそれらの国からのアクセスも良く、バスや電車をうまく使えば周辺国と組み合わせて訪れられるメリットがあります。

首都リュブリャナ(Ljubljana)から北西に約50kmのブレッド湖は、周辺を森が囲み、その一角の崖の上には中世のお城、エメラルドグリーンの湖に浮かぶ小島にはポツンと教会が建つ、正にザ・ヨーロッパ!という雰囲気のロマンチックなスポット

その風光明媚な景色を求めて確実に観光客も増加していますが、それでもイタリアの某ヴェネツィアやクロアチアの某ドゥブロヴニクなどのえげつないオーバーツーリズムっぷりを考えれば、まだまだかわいいもの。

リュブリャナから日帰りでも充分行けますが、周辺には宿泊施設も多数あるので、よりリラックスした休暇を過ごすならぜひ湖畔の宿に滞在しましょう。

昼は湖の周りをぐるりとサイクリング、夜はアルプス山脈を見上げながらのディナーや天体観測と、時間を気にせず自然やグルメを満喫できるはず。

ちなみにスロヴェニアは欧州でもかなり治安が良い国としても知られ、こちらのデータによると2024年版でヨーロッパ6位の安全さだそう。

Safest Countries in Europe 2024

油断はもちろん禁物ですが、一般的に観光客が多い大都市ほどスリや置き引きのリスクも高いため、少しでも安心して旅行したい人にはスロヴェニアは良い候補と言えるでしょう。

3月の平均最高気温:12℃ 平均最低気温:2℃ 平均降水量:85㎜

4月の平均最高気温:17℃ 平均最低気温:6℃ 平均降水量:100㎜

5月の平均最高気温:22℃ 平均最低気温:11℃ 平均降水量:115㎜

※首都リュブリャナ(Ljubljana)のデータ

プラハ/チェコ

ロマンチックだの中世の街並みだのに憧れる世界中の旅人を、秒速でノックダウンしてくれるのがチェコの首都プラハ。

美しいプラハの石畳の小路を当てもなく歩けば、絵の才能がある人は絵を描き始め、詩の才能がある人は詩を書き始め、音楽の才能がある人は歌を作り始め、何の才能もない人でさえ写真や動画を適当にSNSに投稿すれば多数のいいねがもらえることでしょう。

数々の映画や小説の舞台にもなったプラハですが、天文時計やカレル橋、プラハ城など主な観光スポットは徒歩でも周れる範囲内に収まっており、短い日程でも満喫しやすい街でもあります。

そんなプラハの春の風物詩が、実に1946年から80年近い歴史を持つ音楽祭。

https://www.visitczechia.com/ja-jp/things-to-do/events/2024/05/e-prague-spring

毎年約3週間に渡って行われるこの音楽祭では、劇場や教会、ミュージアムに野外公園など、ありとあらゆる場所で大小のコンサートが行われ、クラシック音楽ファンは言うまでもなく、誰もが気軽に本格的な音楽に触れられる一大イベント

気候的にも冬より過ごしやすくなるこの時期、時が止まったかのような重厚な旧市街で音楽・芸術・建築・歴史・グルメに触れながら、思い思いの“プラハの春”を過ごしてみては 🙂

3月の平均最高気温:8℃ 平均最低気温:0℃ 平均降水量:30㎜

4月の平均最高気温:15℃ 平均最低気温:3℃ 平均降水量:40㎜

5月の平均最高気温:19℃ 平均最低気温:7℃ 平均降水量:75㎜

ミュンヘン/ドイツ

そのチェコのお隣、ドイツ南東部のバイエルン州の州都であるミュンヘンも冬の寒さが厳しい分、春のテンションの高さが尋常ではありません。

人口約150万人を抱える大都市ではあるものの、広大な面積を持つ公園エングリッシャーガルテン(Englischer Garten)を始めとした緑や自然が街の至る所に取り込まれているおかげで、都会的な息苦しさや冷たさを感じにくいのがミュンヘンの良さ

その都会⇔自然のコントラストと同様、“静と動”や“古と新”のバランスも絶妙で、例えば賑やかなビアホールと重厚で落ち着いたカフェ、モダンなショッピングストリートと中世の教会などが、それぞれ違和感なく調和しています。

そのためミュンヘンでは朝食は伝統的な地元レストランで名物の白ソーセージで腹ごしらえ、豪華絢爛なお城や教会を巡った後は公園でサンドイッチ片手にプチピクニック、個性豊かなミュージアムで感性を刺激してお土産を買ったらおしゃれなディナー&バーで〆、なんててんこ盛りな1日を過ごすことも可。

また、ミュンヘンといえば何と言っても秋のオクトーバーフェストが有名ですが、春にも通称“ミニオクトーバーフェスト”があるのをご存知ですか?

Spring Festival 2024
The folk festival on the Theresienwiese will take place again in spring 2024

そのニックネームの通り、本場のオクトーバーフェストを小規模にしたフリューリングフェスト(Frühlingsfest)は、バイエルン州のグルメや伝統衣装、パレードに移動遊園地などを、秋ほどの大混雑なく体験できる華やかなイベントです。

3月の平均最高気温:9℃ 平均最低気温:0℃ 平均降水量:60㎜

4月の平均最高気温:14℃ 平均最低気温:3℃ 平均降水量:55㎜

5月の平均最高気温:19℃ 平均最低気温:8℃ 平均降水量:110㎜

ブダペスト/ハンガリー

大西洋の真珠に続いて、『ドナウの真珠』と呼ばれるハンガリーの首都ブダペストも見てみましょう。

ブダペストも景観の良さではヨーロッパでもトップクラスの都市で、特にその魔法のような夜景を一度でも目にすれば、この街がドナウの真珠と称される理由がわかるでしょう。

その真珠のような輝きは365日いつ訪れても色褪せる訳ではありませんが、ブダペストもまた四季がある都市だけに、季節ごとに気候も雰囲気も全く変わります。

他の中欧各地と同様に冬の寒さが厳しいため、春が来ると冬の間に蓄えていたエネルギーを放出するかのように、街全体が活発に動き出します

クラシックなカフェのテラス席は地元民や旅人で埋まり、ドナウ川のほとりでは写真家が、画家が、ミュージシャンが、ダンサーがこの街からインスピレーションを得て、思い思いの芸を披露。

ブダペストの台所・中央市場には旬の野菜やフルーツ、ハーブが並び、2階に上がればバラエティ豊かな郷土料理のフードコートとお土産屋さんが並びます。

観光やショッピング、食べ歩きを存分に堪能した後は、ぜひハンガリー名物の温泉で疲れを癒やしましょう

欧州一の温泉大国なだけあり、日帰りで気軽に行ける温泉があちこちに湧いていますよ!

3月の平均最高気温:11℃ 平均最低気温:0℃ 平均降水量:30㎜

4月の平均最高気温:17℃ 平均最低気温:5℃ 平均降水量:35㎜

5月の平均最高気温:22℃ 平均最低気温:10℃ 平均降水量:55㎜

バスク地方/スペイン&フランス

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by San Sebastian Tourism (@sansebastiantourism)

さて欧州随一の観光大国であるフランスとスペインをスルーする訳にはいきませんが、どこもかしこも魅力的な候補地だらけなので、ここではその両国に跨るバスク地方を紹介します。

フランス南西部及びスペイン北部に位置するバスク地方は、近年すっかり美食の街/エリアとして認知されるようになりましたよね。

少し前まではフランス旅行と言えばパリにモン・サン・ミッシェル、スペイン旅行はマドリードにバルセロナにアンダルシアの方がド定番で、ワケの分からないバスク語を話すバスク地方は見向きもされていませんでしたが、ピカソの『ゲルニカ』やビルバオのグッゲンハイム美術館、そしてとろけるバスクチーズケーキが、人々の興味を惹きつけるように

実際にフランスやスペインは日本と同様、地方ごとに郷土料理が存在する非常に豊かな食文化を誇りますが、そのハイレベルな国の中でもバスク地方の食は際立っていると言っていいでしょう。

カウンターに並ぶ色とりどりの芸術作品のような2口サイズの『ピンチョス』は、3軒、4軒とバルをはしごして色々な味を試すのに最高のサイズ感。

またバスク地方は乾燥した大地が多いスペインの他のエリアより緑が多いのも特徴なので、ドライブやサイクリングをすれば春らしい爽やかな新緑が目を楽しませてくれるでしょう

サッカー好きなら、サン・セバスティアン(San Sebastián)を本拠地とし日本代表久保選手が所属するレアル・ソシエダや、一貫して地元バスク出身の選手のみで構成される超個性派アスレティック・ビルバオの試合観戦に行ってみるのもおすすめですよ。

3月の平均最高気温:14℃ 平均最低気温:8℃ 平均降水量:115㎜

4月の平均最高気温:15℃ 平均最低気温:9℃ 平均降水量:140㎜

5月の平均最高気温:18℃ 平均最低気温:11℃ 平均降水量:120㎜

※サン・セバスティアンのデータ

コトル/モンテネグロ

そのフランスやらスペインやらに比べるとずいぶんマイナーなイメージのモンテネグロですが、このアドリア海に面したバルカン半島の小国は、数々の絶景の宝庫として欧州でも人気が高まっている国の一つ。

中でも世界遺産に登録されているコトルは、中世にタイムスリップしたかのような旧市街が湾に沿って広がるフォトジェニックな街。

夏のピークシーズンこそ多くの観光客で賑わいますが、人口2万人少々のコトルは落ち着いて街散策や写真撮影に没頭するのにピッタリの雰囲気です。

この時が非常にゆっくりと流れているかのような旧市街では、しばらくグーグルマップから目を離して自分の感性に任せて彷徨ってみるのがおすすめ。

何世紀にも渡って街を見守ってきたカテドラル、こぢんまりとした家庭的なレストラン、豊富な知識や歴史を教えてくれるミュージアム、ついついあれこれ欲しくなってしまうお土産ショップなど、小さくても見どころがぎゅっと詰まっています。

日が傾いてくる前に、石段でできた城壁を登ってコトル湾と旧市街が一望できる展望台に足を運びましょう。

長い石段を登るのは一苦労ですが、そこにはその疲れを吹き飛ばしてくれるこれぞ『アドリア海の秘宝』の名にふさわしい、圧巻の夕陽と夜景があなたを待っています

3月の平均最高気温:16℃ 平均最低気温:5℃ 平均降水量:125㎜

4月の平均最高気温:19℃ 平均最低気温:8℃ 平均降水量:115㎜

5月の平均最高気温:23℃ 平均最低気温:12℃ 平均降水量:85㎜

エディンバラ/スコットランド

最後に紹介するのは、スコットランドの首都エディンバラ

エディンバラも中世の面影そのままの重厚な石造りの旧市街、そして大学都市らしいエネルギッシュで洗練された新市街のギャップが面白い都市。

ハリー・ポッター生誕の地としても知られるエディンバラには、その記念すべき第一話が執筆されたというカフェを始め、ハリポタゆかりのスポットが点在しています。

美しく伝統的、でもどこかミステリアスなエディンバラの旧市街は、正にハリポタの世界を実写化したかのよう

一方でその北側に広がる新市街では、伝統的な郷土料理を提供する老舗レストランからスタイリッシュなカフェ、落ち着いたバーに朝まで盛り上がれるクラブなど、あらゆる食・飲・遊・買・泊スポットが揃っています

エディンバラも冬が長く夏が短い街のため、その快適な気候の短い夏に観光客が殺到しがち。

どんよりして寒い冬は嫌、でもどこもかしこも人だらけの夏も嫌、というあなたには春のエディンバラはちょうど良い時期ではないでしょうか。

3月の平均最高気温:9℃ 平均最低気温:2℃ 平均降水量:50㎜

4月の平均最高気温:12℃ 平均最低気温:4℃ 平均降水量:40㎜

5月の平均最高気温:15℃ 平均最低気温:6℃ 平均降水量:50㎜

【おまけ】春におすすめじゃない都市は?

ここまで春に行きたい欧州の各都市を見てきましたが、逆におすすめじゃない都市はあるのでしょうか?

基本的に春は真夏や真冬と違って、暑すぎる・寒すぎる・大雪・大嵐のような極端な気候になりづらいため、その点では東西南北どこでも行きやすい万能な季節です。

ただし一つ頭に入れておいておきたいのは、春はイースター休暇やその他大規模なイベントが開催されることもあり、それらの時期は夏のピークシーズンと同様に混雑しホテルやツアーも高騰しがちになること。

その時期にしか体験できない期間限定のイベントは非常に魅力的ではありますが、その分観光客も増え、結果として一般の観光スポットや飲食店、宿泊施設も混んでしまうのが一般的です。

そのためもしあなたが、

・少しでも安く旅行したい
・なるべく落ち着いて観光地を周りたい
・通常の観光をすれば充分で、特別なイベントなどには興味がない

・・・と思っているなら、イースターの時期や各地の大型イベントの開催期間は避けるのが無難です。

魅力たっぷりの春のヨーロッパ、ぜひあなたの目的や期待する雰囲気に合わせて最適の旅先を選んでくださいね!

タイトルとURLをコピーしました