EURO開催!コペンハーゲンのスタジアムのアクセス&周辺情報

サッカー
スポンサーリンク

2020年6月に予定されていたサッカーの祭典EURO2020は、拡大する新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で2021年に延期されました。
EURO2020は欧州各地11都市で行われる史上初の大会で、その中の1つがデンマークの首都コペンハーゲン。
観光地としてはまだしも日本人がサッカーのために行く機会はあまり多くない都市なので、このEUROで初めて観戦予定の人もいるのではないでしょうか。
この記事ではそんなコペンハーゲンのスタジアムのアクセスや周辺情報をまとめて解説します。

11開催地で最小!開閉式屋根付きサッカー専用スタジアム

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by F.C. København (@fc_kobenhavn) on

EURO2020の舞台になるコペンハーゲンのパルケン・スタジアム(Telia Parken)は、1992年にデンマーク代表及びFCコペンハーゲンの本拠地として完成しました。


特別新しい訳でも歴史がある訳でもない中途半端な感じですが、開閉式の屋根が付きもうすぐ三十路を迎えるスタジアムとしては優れた機能を発揮しています。


そして注目したいのは、その収容人数。


コンサート時には拡大するもののサッカーの試合時は約38000人と、EURO2020の開催スタジアム12ヶ所中(※11ヶ所に変更)、断トツの少なさ。


観客が少ないと迫力がないのでは?と思うかもしれませんが、サッカー専用スタジアムで2階席までしかないので、最安の席でもピッチが近く見やすいという利点があります。


EURO2020では全てのスタジアムで、それぞれ3つのカテゴリーのみに分けたシンプルなチケット価格になっています。


そのため巨大スタジアムであるほど同じカテゴリーでも席によって見やすさに差が大きく、コペンハーゲンでは2階席で観れるチケット価格でロンドンでは5階席、という事もありえます。

また収容人数が少ないことで、行き帰りの交通機関や道路の混雑もマシになるというのもポイントです。
※【2021年4月更新】コペンハーゲンで行われる試合では収容人数の25%〜33%の観客を動員する見通しであることが、UEFA公式サイトで発表されました。

メトロは24時間運行!アクセス至便のスタジアム

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Copenhagen Explore 🇩🇰 (@copenhagenexplore) on

スタジアムはコペンハーゲン中心から北に約4kmの自然豊かなエリアにあります。


街中心部とのアクセスは至便で交通機関1本、乗換なしで行けるので旅行者にも非常に分かりやすくなっています。


ここではコペンハーゲン中央駅からスタジアムの行き方を確認してみましょう。

なおここで紹介した方法以外にバスもありますが、中央駅からだと1本で行けないうえ所要時間も長いです。

他の場所からだとバスが便利の場合もありますので、バスを含めコペンハーゲンの交通機関の詳細はこちらの公式サイトから確認してみてください。

メトロで行く場合

中央駅から最も便利で早い行き方はメトロで、山手線式のメトロ3線コペンハーゲンH(København H)駅からKongens Nytorv周りトリアングレン通り(Trianglen St.)駅下車、徒歩約4分。


全体の所要時間も15分と早い上に、メトロは24時間運行していて夜の試合観戦でも安心!

電車で行く場合

地下に潜りこみたくないお年頃ならS-Togと呼ばれる電車で中央駅からウスターポート駅(Østerport Station)下車、北西に徒歩18分ほどで全体の所要時間はおよそ25分です。


電車はメトロより路線が多いので、駅の案内板でよく確認するか係員に確認するといいでしょう。


EURO開催時には外国からのサポーターも激増するでしょうから、覚えにくいデンマーク語の駅名でなくても「To the stadium?」だけで通じるはずです。

徒歩で行く場合

コペンハーゲン中心から北に約4kmなので普通に歩くと1時間ほどかかりますが、カラフルで美しい街並み、川や公園の豊かな自然、ウィンドウショッピングなどを楽しみながら歩けば意外とすぐかもしれません。


試合当日の熱気溢れる街の雰囲気を存分に味わいたい&歩くのが好きな人は、スタジアムまでの1時間のウォーキングツアーを実施してみては(^^)

観光客に便利なチケットはある?

コペンハーゲンの主な交通機関はメトロ・電車・バス。


スタジアムをはじめ主な観光スポットの多くは街中心にコンパクトにまとまっていますが、色々足を伸ばしたければやはり交通機関の利用が便利。


デンマークは物価がそれなりに高いですが観光客に便利な様々なチケットがあるので、観光プランや滞在日数に合わせた最適のチケットで旅をするといいでしょう。


ここでは代表的なタイプを取り上げます。

たっぷり観光をしたい人にはコペンハーゲンカード

サッカー観戦だけではなくとことん観光もしたい人には87ヶ所のミュージアムや観光スポットの入場券、交通機関のフリーパス、レストランなどでの割引といった特典満載のコペンハーゲンカード(Copenhagen Card)が最適。


24時間/€56〜120時間/€134まで、1〜5日の利用が可能(注:公式サイトより通貨はユーロで表記しています


詳しくは公式サイト(英語)より

観光はあまりしないが交通機関は使いまくる人にはシティパス

交通機関のみのフリーパスに当たるのがシティパス(City pass)。


こちらはシティパススモール(小)とシティパスラージ(大)の2タイプがあり、名前の通りより広いゾーンをカバーしているのがシティパスラージです。


シティパスも大小それぞれ1〜5日用があり、スモールは24時間/80DKK(2020年6月現在約1280円)から、ラージは24時間/160DKKから。


公式サイト(英語)

交通機関もあまり使わないが計算が面倒な人にはライセコート

デンマーク版PASMOと言えるのがライセコート(Rejsekort)。


日本の多くのメトロなどでも同じですが、通常の乗車券を買う場合目的地への運賃を確認→購入します。


ただし日本ではもし間違えて購入してしまっても下車した駅で差額を払えば良い場合が多いですが、デンマークでは車中で係員にチェックされ有効な乗車券でないと罰金となります。


そのためあらかじめチャージしていれば乗車の度に運賃の確認をしなくて済むICカードは大変便利です。


さらにライセコートはラッシュアワー以外での割引やグループでの利用OKなどの利点も。


カードは80DKKで購入でき、最低70DKKが常にチャージされている必要があります。

公式サイト(英語)

交通機関はほぼ使わない人にはシングルチケット

ほぼ交通機関を使う予定がないなら通常の乗車券、シングルチケットで良いでしょう。


コペンハーゲンではゾーン制と呼ばれる目的地のエリアごとに分けた運賃設定になっているので、しっかり目的地のゾーンを確認してチケットを購入しましょう。


中央駅→スタジアムは24DKK、中央駅→空港は36DKKです。

運賃の確認はこちら(英語)から。通常の乗車券のほかライセコートでの運賃も確認できます。

スタジアム周辺には宿泊施設・飲食店・公園が

コペンハーゲン中心から近いとは言えド真ん中ということでもないため、やはり中心部に比べるとスタジアム周辺の宿泊施設は限られています。


それでも最近はローカル気分で滞在できるアパートメントや民泊も徐々に増加しており、EURO開催に向けてさらに増える可能性もあるでしょう。


もっともEURO開催期間中はスタジアムに近い宿泊施設は激混み必至なので、観戦日程が決まり次第早めに予約しましょう。


スタジアムの東側エリアには飲食店やスーパー、ショッピングエリアがあり試合の前後に立ち寄るのに最適。


ただし他のスタジアムと同様試合時にはA4サイズ以上の荷物の持ち込みはできないため、試合前にあれこれ買い物をするのは避けましょう。


前述の通りメトロは24時間運行しているので、試合直後の大混雑する時間帯をスルーするために周辺のバーやレストランで一杯やっていくのも良いでしょう。

またスタジアム西側には大きな公園があり、晴れた日には気持ちよく散策できる地元民や観光客の憩いの場となっています。

【2021年6月12日追記】エリクセン選手の早い回復を祈ります

2021年6月、1年延期したEUROが開幕しこちらのコペンハーゲンでも初戦デンマークvsフィンランドが行なわれました。

すでにニュースで見た人も多いと思いますが、前半終了前にデンマーク代表のクリスティアン・エリクセン選手が突如倒れ、その場で懸命の措置が行われた後、病院に搬送。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by UEFA EURO 2020 (@euro2020)

その後デンマーク協会やUEFA公式サイトはエリクセン選手の容態が安定し、チームメイトや家族と会話も交わしたことが伝えられました。

詳しい状態は6月12日時点で不明ですが、まずは一命をとりとめたことはこれ以上ない朗報です。

エリクセン選手の一刻も早い回復を祈ります。

まとめ

EURO開催予定のデンマークの首都コペンハーゲンのパルケン・スタジアムについての情報を紹介しました。


元々英語がガッツリ通じる国のうえ、アクセス抜群の街ナカスタジアムのため旅行者にもとても安心のスタジアム。


またデンマークはかなり早い段階でロックダウンを実施したこともあり、比較的コロナウィルスの被害を抑えるのに成功した国の一つです。


2021年6月に予定されているEUROまでに第二波、第三波が来ることなく、他の各国と同様に無事にサッカーの祭典を開催できることを願います。

タイトルとURLをコピーしました