スペイン・ビルバオの気候&ベストシーズンまとめ!

スペイン
スポンサーリンク

スペイン北部バスク州最大の都市のビルバオは、美食と現代アートの街として人気急上昇中の近代的な街。
情熱的・フラメンコ・闘牛といった典型的なスペインのイメージとはずいぶん違ったクールさが注目される、ビルバオの気候とベストシーズンを解説します。

スペインっぽくない!涼しく雨が多い気候

フランス南西部〜スペイン北部に広がるビスケー湾に近いビルバオは、西岸海洋性気候に属します。

その主な特徴は、年間を通して一定の雨が降ること&暑すぎず寒すぎずの気候

ヨーロッパではロンドン、アムステルダム、ウィーンなど多くのメジャーな都市が同じ気候に分類され、日本でも日光や阿蘇がその特徴に近いと言われているので、割と想像しやすい気候かもしれません。

昔からスペイン旅行と言えばマドリード+バルセロナ+アンダルシアがド定番で、ビルバオを始めとした北部はリピーターや長期旅行者に限られていたような気がします。

実際に筆者自身もそれらのド定番エリアの後にビルバオを訪れたので、どんより曇り空&謎めいたバスク語の破壊力のある組み合わせがスペインっぽくないなあと思ったものです。

それは同時にスペインの奥深さを改めて感じさせてくれ、太陽!パエリア!!闘牛!!!

・・・みたいなコテコテのスペインとは全く異なる、“COOL エスパーニャ”といった感じのビルバオの佇まいは非常に印象的でした。

そんな気候も雰囲気もクールなビルバオには、季節に合わせて適切な服装で訪れることが大切です。

平均気温・降水量・日照時間をチェック!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

pablo(@pablitoskasko)がシェアした投稿

それではビルバオの平均最高/最低気温、日照時間、降水量のデータをチェックしてみましょう。

データはサイトにより多少差異があるので、参考程度にお願いします。
(データ参考:Climatestotravel.com

最も暑い8月でも平均最高気温26℃/最低気温15℃と、酷暑でおなじみのスペイン中央〜南部に比べるとかなり過ごしやすい気候であることがわかります。

冬のデータに目を向けると、最も寒い1月の平均最高気温13℃/最低気温5℃はイビサ島やセビージャなどに比べると低いもののマドリードよりはずっと高く、日本と比較してもむしろ暖かいぐらい。

地理的には北部ですが標高が低いので山間部より年間を通して温暖の差が少なく、イメージほどは寒くないと言えるかもしれませんね。

そのため基本的には日本と同じような服装で、夏は少し涼しくなっても大丈夫なように1枚プラス、という感じでいいでしょう。

実際の気温以上に涼しい印象を与えるのは、おそらく雨の多さと日照時間の短さが原因。

ビルバオの年間降水量はおよそ1200mmで、マドリードやバルセロナの約2倍。

地中海沿岸ではほぼ毎日晴天が続く夏でもそれなりの雨が見込まれるので、どの時期に訪れるとしても雨具は持参した方が良いでしょう。

ちなみに東京の年間降水量が約1600mmなので、日本と比較するとビルバオでもかわいいもんです。

日照時間も地中海側やアンダルシア地方各地の半分〜2/3ほどで、特に夏以外はザ・スペイン!という感じの青い空&明るい太陽が1日中拝められる日は決して多くありません。

その分乾燥した大地が広がる南部と違い深く美しい緑が見られるのが北部の大きな特徴なので、時間があるならぜひビルバオから周辺の自然豊かなエリアまで足を伸ばしてみるといいでしょう。

気候的には文句なしに夏がベストシーズン

このデータから分かる通り、雨や曇りが大好きという人でない限り天候的には夏がベストシーズンなのは間違いないでしょう。

近年では温暖化の影響か30℃を超える日もしばしばありますが、それでも日本やスペインの主要都市に比べれば過ごしやすく雨も冬よりは少なめ。

もし航空券・ホテル・ツアーの料金が高くなることや人気観光スポットが大混雑することが痛くも痒くもないなら、夏がベストです。

え、それはちょっと、、、とむず痒い発作に襲われたなら、他の時期を検討してみましょう。

気候的には若干アレでも、それぞれの季節に良さがあります。

春(3月〜5月)

気温的にはまだ肌寒い日が多いものの、3月下旬にサマータイムが始まると春の到来。

それとほぼ同時期の移動祝日であるイースター(スペイン語でセマナ・サンタ)はクリスマスと同様の一大イベントで、観光客と帰省客でどこもごった返すので、混雑を避けたいならこの期間は外しましょう。

イースターが終わり本格的な夏が来る前の4月下旬〜5月は新緑や花が美しい季節で観光客もそこまで多くないので、観光・グルメ・自然散策とあらゆる楽しみ方ができる時期です。

夏(6月〜8月)

1年で最も日が長くなる6月から夏のバカンスシーズンである8月までは、街中が活気に満ちた雰囲気に。

ピンチョスでおなじみの人気バルは深夜まで多くの人で賑わい、熱気のある店内と爽やかな風が心地よいテラス席を行き来しつつバルはしごをするのも楽しみの一つです。

気温が高い日には人の多いビルバオ市街を抜け出して、周辺のビーチや山で遊ぶのも良いでしょう。

秋(9月〜11月)

夏のバカンスシーズンが過ぎると再び観光客が落ち着き、グッゲンハイム美術館(Museo Guggenheim Bilbao)や旧市街(Casco Viejo)といった人気スポットにもゆっくりと周りやすくなります。

バスク周辺は緑豊かなだけあり、カピカピのスペイン各地より紅葉・黄葉・落葉が美しいのも秋ならではの魅力。

10月から雨が増えサマータイムの終了と共に一気にオフモードになるので、同じ秋でも9月〜10月上旬は陽キャ、10月下旬〜11月は陰キャっぽくなります。

冬(12月〜2月)

元々工業都市であるビルバオはアンダルシアの小街のようなかわいくてロマンチックな街並みではありませんが、それでもクリスマス時にはきれいなイルミネーションで彩られます。

雪が降ることは稀なので、寒さと雨に備えた服装でスタイリッシュな街歩きを楽しみましょう。

冷えた身体を暖めるにはやはり食が手っ取り早く、旧市街のリベラ市場(Mercado de la Ribera)や新広場(Plaza Nueva)周辺は雰囲気の良いバルやカフェがてんこ盛りです。

まとめ

スペイン北部を代表する都市ビルバオの気候&ベストシーズンを解説しました。

明るいスペインのイメージとは異なる雨が多い気候ですが、ビルバオの街を観光する場合はミュージアムや大聖堂、バル巡りなど屋内で過ごせるスポットが多いので、天候が悪くても充分楽しめるはず。

自然豊かな近郊エリアまで足を伸ばす場合は新緑や紅葉など四季折々の風景がより鮮明になるので、目的に合わせて時期を選ぶと良いでしょう。

またビルバオに限らずどこの都市にも言えることですが、イースター・夏のバカンスシーズン・クリスマスは魅力的で華やかなイベントも多い一方で、最も混雑しホテルや航空券が高騰する時期でもあります。

行きたいスポット・旅の目的・予算・期待する雰囲気を考慮した上で最適の時期を選んで、ビルバオ旅行を楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました