【保存版】エーゲ海リゾート・ミコノス島で宿泊したいエリア7選!

ギリシャ
スポンサーリンク

ギリシャのミコノス島は、エーゲ海を代表する美しいビーチリゾート。
家族旅行、ハネムーン、バックパッカーと世界中のあらゆる旅人を魅了するミコノス島には、個性豊かな宿泊施設も島の東西南北に点在。
この記事では、そんなミコノス島で宿泊したいおすすめエリアを解説します。

都会的エリアと田舎的エリアからおすすめを選出!

3000を超えると言われる観光大国ギリシャの島々の中でも最も人気の島の一つである、ミコノス島。

白壁の建物、存在感のある風車、澄み渡るターコイズブルーの海はあまりにもフォトジェニックで、特に7月8月のピークシーズンともなると島中が観光客で賑わいます。

そんな超エリート観光地なだけに、宿泊施設の充実度は申し分なし。

ハネムーンやセレブの休暇先にも大人気だけに、特にうっとりするようなラグジュアリーなリゾートホテルが目白押しですが、リーズナブルなホステルもあります。

宿泊施設が多いエリアはミコノス島の西から南に集中しており、その中の主要エリア同士はバスや水上タクシーで容易に移動することが可能。

そのため初めてのミコノス島旅行で王道エリアを周りたい時や、レンタカーではなく公共交通機関で観光する場合は、島の西から南のいずれかのエリアに滞在するのが便利です。

逆にレンタカーを利用する場合やリピーターで主要エリアより穴場的な場所を周りたいなら、怒涛の人々が押し寄せる観光の中心地を外すのも一案でしょう。

当然のことながら中心地から離れれば宿泊施設の数は少なくなるので、自分好みの宿に出会えるかは運次第とも言えますが、静けさ・プライベート感・ローカルっぽさなどを重視する人には向いているかもしれませんね。

ただしオフシーズンである11月から3月ごろは閉まってしまう宿泊施設も多いので、この時期に旅するなら選択肢が多い主要エリアに滞在するのが無難です。

ミコノス島は北海道の礼文島と同じぐらいのかわいらしいサイズですが、多くのナイトスポットが集まるメインエリアとのどかな自然が広がるエリアで、雰囲気は大きく異なります。

そのためこの記事ではあらゆる旅人にとってそれぞれのベストエリアが見つかるよう、都会的なメインエリア田舎的なサブエリアの両方からおすすめをピックアップしました。

ミコノス島おすすめ宿泊エリアマップ(ざっくり)

なおミコノス島の観光の中心でもある数々の絶景ビーチはこちらの記事でまとめていますので、行きたいビーチを元に宿泊エリアを決めたい場合はぜひ参考にしてくださいね。

①Mykonos/ミコノス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Francesca & Tommaso • TTTW 🇮🇹(@takemyhearteverywhere)がシェアした投稿

ミコノス島最大の街であるミコノスは、宿泊施設の数も断トツ。

ミコノス発着のバスで島の大部分を周れることもあり、観光の拠点にするのにもこれ以上の場所はないでしょう。

中級以上のホテルが多いミコノス島ではありがたいリーズナブルな宿も多く、バックパッカーから子連れファミリー、ハネムーンのカップルまで誰でも自分に合ったランク・コスト・タイプの宿を見つけられるはず。

ギリシャのポストカードでも必ず目にする白壁の建物が並ぶ小路が示すとおり、景観の良さも文句なし。

特に初めてのミコノス旅行や日程が短い場合は、ミコノスは第一候補の滞在地と言って間違いありません。

ミコノスのおすすめポイント

・多数の宿泊施設・飲食店・ナイトスポットが集まるミコノス島の中心
・島の各観光スポットにアクセスしやすい
・美しい街並みとビーチが同居

②Ornos/オルノス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenshō Mykonos(@kenshomykonos)がシェアした投稿

そのミコノスから南に約3kmのオルノスは、ミコノス島で最も人気のビーチエリアの一つ。

ミコノスからのバスが頻繁に出ているのに加え、島南部の主要ビーチを結ぶ水上タクシーのスタート地でもあるため、こちらも観光やビーチ巡りには非常に便利な立地です。

オルノスはナイトクラブやバーでガンガン盛り上がるいわゆるパーティービーチではなく、また湾に面した波の穏やかなビーチでもあることから、特に子供連れのファミリーには素晴らしい環境。

センスの良いブティックホテルも多いのでカップルにもピッタリで、周辺のナイトスポットで楽しく遊びたい人、のんびりリラックスしたい人のいずれにもおすすめできます。

オルノスのおすすめポイント

・ミコノスや主要ビーチにアクセス抜群
・ファミリーやカップルに最適の宿泊施設や飲食店が豊富
・アクティブな過ごし方も静かな過ごし方も可能

③Platis Gialos/プラティス ヤロス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Konrad Wieclawski(@konrad_dj)がシェアした投稿

プラティス ヤロスもミコノス島を代表する美しいビーチがある、風光明媚な村。

ビーチを目の前には数え切れないほどの小洒落たレストラン・カフェ・ホテル・ヴィラなどが並び、朝から晩まで食べて、飲んで、遊んで、休んで・・・を好きなだけ堪能できる、ビーチリゾートの王道とも言える雰囲気です。

プラティス ヤロスもバス&水上タクシーでミコノスやパラダイス ビーチのようなより賑やかなスポット、逆に中心から離れた落ち着いたスポットへのアクセスは自由自在。

海水浴、マリンスポーツ、グルメ、ナイトライフなど楽しみ方は無限大で、老若男女問わず多くの旅人がここを宿泊地に選んでいることがその奥深い魅力を物語っています。

プラティス ヤロスのおすすめポイント

・食・飲・遊・泳・泊の全てが充実
・ミコノス島屈指の美しいビーチ
・他の観光スポットにもアクセス良し

④Elia/エリア

エリアはミコノス島南海岸の真ん中あたりに位置し、水上タクシーのルートでは一番東の停泊地になります。

その村の最大の見所エリア ビーチはミコノス島で最も大きく、開放感抜群のビーチ。

そんなビーチを眺めるエリアの宿泊施設は、ラグジュアリーな高級リゾートが中心です。

そのためカップル・家族・友人で上質な休暇を過ごしたい人に理想的で、ホテルでくつろいだり、ビーチで遊んだり、スパで癒されたり、絶品グルメに舌鼓を打ったり、満天の星空の下で語り合ったり・・・。

華やかな面もありつつ、静けさや落ち着いたムードが濃いのが特徴です。

エリアのおすすめポイント

・ミコノス島最大の万能型ビーチ
・優雅に滞在できる洗練された宿泊施設の数々
・活気と静寂の絶妙なバランス

⑤Kalafatis/カラファティス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mykonos Secrets(@mykonos.secrets)がシェアした投稿

カラファティスは、ミコノス島南東部にあるのどかなビーチリゾート。

ミコノスや主要ビーチから離れているのに加え一つ一つの宿泊施設が独立して建てられていることもあり、島南部の基準としてはとても落ち着いた印象を与えるエリアです。

それでもミコノスとの間にはバスが走っているので、日中はグルメや観光のオプションが多い主要エリアで過ごし、夜はそれらの人混みを尻目にカラファティスでのんびり、というのも良いでしょう。

車があればそこからさらに手つかずの自然が残る東エリアにも行けるので、定番観光コースより一歩踏み込んだコースを周りたい人はレンタカーがベスト。

マイペースに滞在できるアパートメントやヴィラタイプの宿がよく利用されています。

カラファティスのおすすめポイント

・主要エリアから離れた落ち着いたビーチリゾート
・長期滞在にも適した宿が充実
・メインエリアにも穴場エリアにもアクセスしやすい

⑥Agios Sostis/アギオス ソスティス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Villa Bohemian Blue(@villabohemian_blue)がシェアした投稿

賑やかなのはイヤ、定番より穴場がいい!という人にはアギオス ソスティスが素晴らしいオプションと言えます。

南部に比べて圧倒的に観光客や人工的な設備の少ないミコノス北部にある村で、ピークシーズンの昼こそそれなりの観光客が見られますが、滞在する人はほんの一部。

そのため日が暮れてから朝まではビーチを散歩したり、天体観測をしたり、時間を気にせずその絵画のように美しい空間を少ない宿泊客で独占することができます。

この時が止まったような村を訪れるバスはないので、宿とビーチ以外の周辺エリアも観光したければ車が必要です。

アギオス ソスティスのおすすめポイント

・豊かな自然に囲まれた静かなエリア
・北部の穴場探索の拠点に最適
・ハネムーンや記念日など特別な滞在にも◎

⑦Ano Mera/アノ メラ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#KINGS_GREECE 🇬🇷(@kings_greece)がシェアした投稿

最後に紹介するアノ メラは、沿岸部に集中するミコノス島の主要エリアの中で内陸部のエース的な存在。

やはりミコノス島を旅する人はその目玉でもあるビーチに近い場所に滞在したいと思うのは当然ですが、島のほぼ中央に位置し、高台からその無数の絶景ビーチや村を一望できるのはアノ メラならではのアドバンテージです。

村の規模としてはミコノス島の中では決して小さくないものの、沿岸部のような派手なナイトスポットやそのような開放的な場でハメを外す観光客が少ないため、ずっと落ち着いた雰囲気。

村のシンボルでもある16世紀の修道院を始め、ミコノス島では貴重な歴史や文化にしっぽりと触れられるエリアです。

アノ メラのおすすめポイント

・眺望自慢の内陸部の村
・ミコノスや主要ビーチへのバス有り
・リーズナブルな宿泊施設が満載

タイトルとURLをコピーしました