【在住者がすすめる】冬のオランダ旅行を楽しむ6つのプラン

オランダ
スポンサーリンク

オランダ旅行のベストシーズンは鮮やかな花が街を彩る春、そして日が長く22時頃まで快適な天気の中で観光を楽しめる夏と言われています。
しかしオフシーズンである冬も、冬ならではの楽しみ方ができます。
今日はオランダ在住の筆者が、冬のオランダの楽しみ方6つを紹介します。

バラエティ豊富なミュージアム巡りで感性を磨く

オランダはゴッホ、フェルメール、レンブラントなどを生んだアート大国。


もちろんミュージアム巡りは1年中できますが、特に寒くてどんよりした冬は暖房の効いた館内でじっくりアート鑑賞できる最高の季節です。


いわゆる巨匠達の王道アートにあまり興味がなくても、オランダには子供から大人まで楽しめるバラエティ豊かな美術館や博物館が目白押し!


ぜひ自分の感性に響きそうなミュージアムを探して、右脳を刺激しましょう♪

・ゴッホ美術館

美術館に行こう
最も充実したフィンセント・ファン・ゴッホのコレクション―《じゃがいもを食べる人々》《ひまわり》《アーモンドの花咲く枝》《種まく人》などの傑作を含むゴッホ美術館での美術鑑賞を心ゆくまでお楽しみください。

・アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館のご紹介 - Rijksmuseum
アムステルダム国立美術館は、新しい可能性に満ちた歴史ある美術館です。今なお新鮮な驚きを与えてくれるオランダの名作をぜひご鑑賞ください。

・エッシャー美術館(英語サイト)

Prepare to be amazed by the works of M.C. Escher - Escher in Het Paleis
With over 120 prints you can always see the best known works and a changing selection of prints by the amazing graphic artist M.C. Escher.

オランダ式サウナで身体と心を温める

日本でも最近大注目のサウナ。
ヨーロッパではフィンランドがサウナ発祥国として最も有名ですが、オランダでもサウナは大人気なんです。


オランダのサウナにはドライサウナやスチームサウナに加え温水プールがついているのが一般的で、施設によってはレストラン、マッサージ、ホテルなども併設しています。


えー、それでとても重要なのが、えーー、基本的に混浴です。


それはムリ、と言う人はほとんどの施設が週に1日設けているスイムウェア着用デーに訪れましょう。

以下おすすめサウナの一部。

・アムステルダムのおしゃれサウナ(注・水着着用不可)(英語サイト)

Home - Sauna Deco

・4ヶ所展開するサウナチェーン(注・郊外多め)(オランダ語サイト)

Toe aan ontspanning? | Kom naar Quality Wellnessresorts
Laat je verrassen, verwennen en inspireren. Ontdek de organisatie achter de mooiste Wellnessresorts van Nederland!

オランダのサウナについてはこちらの記事でより詳しく紹介しています。

話題沸騰?オランダの特殊すぎるサウナ事情を在住者が徹底解説!
日本では近年サウナブームが起きて以降サウナへの関心がより高まっていますが、オランダでもサウナは非常に人気。 日本とはずいぶん異なり一部の人に大きな注目を浴びているオランダ式サウナについて、オランダ在住の筆者が詳しく解説していきます。

華やかなイルミネーションにときめく

冬のヨーロッパ旅行となると、どこの国であれ美しいイルミネーションを楽しみにしたくなるのが世の常ではないでしょうか。


オランダでも冬のイルミネーションはバッチリあなたを魅了するに違いありません。


特に毎年12月上旬から1月中旬頃にかけて行われるアムステルダムの光の祭典“Amsterdam Light Festival”は、独創的な光のオブジェがアムステルダムの伝統的な街並みに溶け込む、見逃せない幻想的なイベントです!

Amsterdam Light Festival
In December and January, the city-centre lights up during Amsterdam Light Festival. Every year, artists from all over the world create light artworks especially...

アドリブでスケートに挑戦する

オランダと言えばスケート王国。かつては冬になると、国中の凍結した運河で老若男女誰しもが毎日スケートをしていたとか。


現在では温暖化の影響でたまにしかその光景は見られなくなってしまいましたが、オランダ人のスケート愛は決して変わらず、街のあちこちにスケートリンクが出現します。


あなたのスケート愛が何℃であろうと、せっかく目の前に出現しているリンクをスルーするわけにはいきません。滑りましょう!!

Ice skating on Museumplein » iceamsterdam.nl
The best ice experience in the Netherlands. In November, the Museumplein in Amsterdam will be transformed into the most beautiful ice experience within the Neth...

市場で激安の花を買いホテルの部屋に飾る

全体的な物価としては日本よりやや高いオランダ。
外食費や交通量がじわじわと財布を痛めつける中、驚異の安さを見せつけているのが、花です。


花はオランダ人の生活に欠かせない存在で、特に市場では鮮やかでセンスの良い美しい花々が冗談のような価格で売られていることが日常茶飯事。


旅行中だから、と諦めるのは実にもったいない!ぜひお気に入りのブーケを買ってホテルに飾ってみましょう。


しょぼい部屋だとしても一気にグレードアップして、あなたの滞在をより華やかにしてくれますよ♪

カフェをはしごしてオランダスイーツを味わい尽くす

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by big spoonfull | food blog 🇨🇦 (@bigspoonfull) on

オランダがグルメ大国ではないことは以前こちらの記事でも伝えましたが、比較的ハズレがないのがスイーツ。


日本と比較するという禁じ手さえしなければ、なかなか充実したラインナップを誇ります。


オランダ定番スイーツとしてはりんごの存在感がけたたましいアップルパイ(Appeltaart)、オランダ式パンケーキのパンネクック(Pannekoek)、そのひとくちサイズ版ポッフェルチェス(Poffertjes)、もっちりしたサーターアンダギーみたいなオリボーレン(Oliebolen)、ピンク色のルックスが某夫婦を連想させるトンプース(Tompouce)、お土産としても大人気のストロープワッフル(Stroopwafels)などなど。


カフェはもちろん屋台で食べられるスイーツも多いので、気軽にはしごしやすいのもポイントです(^^)

まとめ

オランダの冬を楽しむための6つの具体的なプランを紹介しました。

なおオランダの気候に関しては別記事で詳しく書いていますので、そちらも参照にしてもらえればと思います。

残念ながら2020年は新型コロナウィルスの影響で多くのお店や施設がクローズするなど、他の欧州各国と同様にオランダも厳しい冬になっています。

ここで紹介している各施設やイベントなどもクローズあるいは中止になっている場合があるので、最新の情報を確認してくださいね。

コロナが収束した際には、この記事を参考にしてぜひオランダで冬ならではの楽しみ方や魅力を満喫してもらえることを願います。

タイトルとURLをコピーしました