【保存版】ポルトガルのおすすめビーチ10選!王道から穴場まで

ポルトガル
スポンサーリンク

ポルトガルは歴史的な建造物やカラフルで可愛らしい街並みが観光の中心ですが、美しいビーチの宝庫でもあります。
国土の西側から南側が面している大西洋沿岸は、ダイナミックな景観と迫力のある波が特徴。
海水浴、マリンスポーツ、ビーチリゾート、避寒など様々な目的で楽しめるポルトガルのビーチを10ヶ所厳選して紹介します。

ポルトガル北部〜中部のおすすめビーチ

サン・ジャシント・ビーチ(Praia de São Jacinto)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

António de Bastos(@olharesdomeuolhar)がシェアした投稿

ポルトガル北部最大の都市ポルトから南に70kmほどの街アヴェイロ(Aveiro)にある、真っ白な砂丘が広がるビーチ。


砂丘と言えば鳥取。鳥取と言えば砂丘。


しかし実は、砂丘は鳥取以外にもあったんです(知ってる)


海水浴はもちろん、自然豊かなエリアなのでハイキングや野鳥観察の愛好家にも人気のビーチで、絶景夕日スポットとしても知られています。

ただしポルトガル北部のビーチは水温が低めで、夏でも泳げる日が限られているので海水浴が目的の場合は天気予報を見て出かけるといいでしょう。

ノルテ・ビーチ(Praia do Norte)

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by Município da Nazaré (@municipiodanazare) on

ポルトガル中部にあるナザレ(Nazaré)は狭い路地に赤れんが色の屋根の家々が並ぶ、可愛らしい街。


しかしその影で超巨大級の波が来る、サーファーのメッカであるビーチで世界的に知られてもいます。

いわゆるツンデレってやつです。


上の画像の手前がサーフィンのギネス記録にも載った爆波自慢のノルテ・ビーチ、奥は少し穏やかなナザレ・ビーチなので、目的に合わせて訪れるといいでしょう。

バレアル・ビーチ(Praia Baleal )

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by I Love Baleal (@ilovebaleal) on

そのナザレから南西に50kmほど下った場所にあるのが、バレアル・ビーチ。


4kmの砂浜が南北に連なり、海水浴やサーフィンで人気のビーチです。


砂浜だけではなくゴツゴツした岩場もあるので、シュノーケリングや何か色々探索したい人にもおすすめ。


ナザレと同じく人気の海沿いの街ペニシェ(Peniche)からバスでで行くのが便利です(6分ほど)

ウルサ・ビーチ(Praia da Ursa)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by A L E X A N D R E B A L A S (@alexandrebalas)

ポルトガルの首都リスボンとセットで訪れることが多いシントラ(Sintra)やユーラシア大陸最西端のカボ岬(Cabo da Roca)と一緒にぜひ立ち寄りたいのが、ウルサ・ビーチ。

カボ岬のすぐ北にあるためほぼほぼユーラシア大陸最西端のビーチで、夕日鑑賞スポットとしても至高のロケーションです。

険しい崖になっておりビーチまで降りるにはサンダルではなくちゃんとした靴が必要なので、うっかりひらひらのスカートにミュールとかで来ちゃった場合は、おとなしく崖の上から写真を撮るだけに留めておきましょう。

フィゲイリーニャ・ビーチ(Praia da Figueirinha)

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by Hugo Rodrigues (@my.eyes.through.a.lens) on

リスボンから南に40kmほどの、アラービダ自然公園(Parque Natural da Arrábida)にあるいくつもの美しいビーチの内のひとつ。


大都会リスボンから1時間ほどでこんな自然がてんこ盛りの場所があるというのは、新鮮な驚き。


もはやリスボンはどうでもいいと言う場合は、セトゥーバル(Setúbal)に泊まれば周辺の極上ビーチや見どころたっぷりの自然公園にももれなく足を運ぶことができます。

ポルトガル南部のおすすめビーチ

ベナジル・ビーチ(Praia de Benagil)

ポルトガルのビーチと言えば、まず南部のアルガルヴェ地方が王道です。


年間を通して温暖な気候ながら夏の暑さもさほど厳しくないため、夏の海水浴にも冬の避寒先としてもとても優秀なエリア。


数あるアルガルヴェのビーチの中でもトップクラスの絶景を誇るのが、ラゴア(Lagoa)にあるベナジル・ビーチ。


ぽっかりと空いた上部の穴から光が差し込むと、それはそれは幻想的な風景に。ボートで周辺の洞窟と共に周るツアーが人気です。

カミーロ・ビーチ(Praia do Camilo)

やや紛らわしいんですがラゴア以上に美しいビーチの叩き売りみたいになっているのが、ラゴス(Lagos)。


特にハズレビーチはないのでどこに行っても後悔はしないはずですが、あえて1ヶ所紹介するならカミーロ・ビーチでしょうか。


長い階段を降りるとビーチだった、というセリフがぴったりの景観。


いかつい岩がニョキニョキ生えたエメラルドグリーンのビーチというのは、典型的なポルトガルビューティーです。

カルヴォエイロ・ビーチ(Praia de Carvoeiro)

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by CholloVacaciones.com (@chollovacaciones_com) on

位置的にはベナジル・ビーチとカミーロ・ビーチの間にあるのが、カルヴォエイロ・ビーチ。


単純な海の綺麗さとしては他のビーチと大して変わらないのですが、このカルヴォエイロという街がまた可愛らしいんです。


白い壁にカラフルな壁の装飾が青い空とエメラルドグリーンの海に映え、とてもフォトジェニック♪


周辺には小さめのビーチが点在しているので、特に混雑する夏は空いていそうなビーチを探索するのも楽しいですよ。

ポルトガル離島のおすすめビーチ

ポルト・サント・ビーチ(Praia do Porto Santo)

ポルトガル本土から遙か1000kmほど離れた場所に浮かぶマデイラ諸島。

そのメインアイランドのマデイラ島からフェリーでおよそ2時間20分で行ける、ポルト・サント島という名の楽園(飛行機もあり)。


島の南側に約9kmに渡って延々と広がる黄金色の砂浜とターコイズブルーの海は、夏のバカンスに最適!


マデイラ島から日帰りでも行けますが、島に宿泊すればよりゆっくりと雰囲気を満喫できるでしょう。

フォゴ・ビーチ(Praia do Fogo)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by violababola (@violababola) on

リスボンから約1500km、9つの島々からなるアソーレス諸島の最大の島・サンミゲル島にある個性派ビーチ。


火山島らしい黒っぽい砂浜、緑が鮮やかな背面の崖、透明感抜群のコバルトブルーの海。


そのパンチの効いたルックス以上の特徴が、一部の地底から温泉が湧き出ていること。


つまり天然温泉ビーチなんです!(“Fogo”はポルトガル語で火という意味)


自然豊かな景観ながらシャワーや更衣室、近くにはカフェなどの飲食店もあり、意外と便利なのもポイント高し。

まとめ

ポルトガルのおすすめビーチを10ヶ所厳選して紹介しました。


特に南部のアルガルヴェ地方は一つの街にいくつも美しいビーチがあるので、混雑具合や宿泊場所に応じてここで紹介したビーチ以外の所に足を運ぶのもいいでしょう。


ぜひ数え切れないほどのポルトガルの人気ビーチからあなたのお気に入りを見つけて、その絶景を存分に堪能してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました